やりたいことを叶えるCITTA手帳2020年版(2019年10月始まり)ミモザイエロー 8月下旬入荷

早いところでは、来年の手帳の話題が入ってきました。

 私はここ数年は、このCITTA手帳を使っています。

   私は、今年の新色のミモザイエローにしました。

   カラーは、他にホーリーマゼンタ、インディゴネイビー、ピュアホワイト、トラディショナルブラックがあるので、男性の方も使えそう
   ですね。

        

見ているだけで心がウキウキするビタミンカラーがとても好評です。

        持っているだけで、あなたを幸せな気分にしてくれそう。

        そして、ミモザの花ことばは『友情』

        このカラ

ーた素敵な出会いやご縁を導いてくれるかも知れません。

    

CITTA手帳の6つのポイント

    1、 マンスリー
     見通し感を持つために2か月見渡せるマンスリーにしてあります。
     ここには時間を書かないようにしましょう。
     書いてしまうと、後ろの時間軸を全く使わなくなってしまいます。
     マンスリーにはイレギュラーなイベントのみを書くようにして、大まかな予定だけを書きます。
     細かいことは全てウイークリーに記入して、時間を捉えるようにしていきます。

    2、 ウイークリー
     ここが一番使って欲しいページ。ウイークリーは24時間バーチカルの時間軸。
     自分の一週間の時間の過ごし方を一発で把握できるのがいいところです。
     毎朝、「本当は何時に起きたい」というのがあれば手帳に起床時間を毎朝書いてしまいましょう。
     習慣にしたいけど出来ないことを書き込むといいのです。
     習慣になればもう書く必要はないので、習慣になるまで手帳にお尻を叩いてもらいましょう。
     迷っても「書いちゃったしな」と思いお尻をあげるいいきっかけです。
     例えば、他にも断捨離や読書、ランニンング、、、「やろう、やろう。」と思いつつも後回しになった出来事を
     自分の予定として隙間時間に組み入れてしまいましょう。

    3、 ワクワクリスト
     このワクワクリストが全ての原動力です。
     自分が「やりたい」と思うこと全部書き出してみましょう。
     プライベートなこと、仕事のこと、家庭のこと、健康のこと、なんだっていいのです。
     旅行に行く、髪を切りに行く、ネイルをする、といったワクワクから
     ◯◯の資格を取る
     ◯◯歳までに独立をする
     ◯年後に家を買う
     など大きなことまで。出来るか出来ないかの判断ではなく、
     思いついたこと何でも書いていいのです。
     「今、そう思っている」ということを自分で知るということが大事。
     ここから行動力に移すために必ず「いつ?」の欄に日付をいれましよう。
     このリストを達成するために「今日は何をすべきか?」を考えてウイークリーに埋めて考えていくのです。

    4、 プロジェクトシート
     ここは自分の目標を2か月で見渡したい時にピッタリです。
     取りたい資格の試験日から逆算して勉強の計画を書くのもいいです。
     毎日つけるダイエットの体重管理にも適しています。
     お子様がいらっしゃる方は子供の予定を書くにもありです。

    5、 年表
     年表のカレンダーが何と3年分付いています。
     来年、再来年、明明五年の連休の並びが一発でわかります。
     家族で念願のハワイ旅行に行くなどの予定を今から書き込むのがとても楽しいですよ。

    6、 一粒万倍日
     この☆マークがある日は、何か物事を始めるのに最良の吉日と言われる一粒万倍なのです。
     この日に何かを始めると大成すると言われています。
     お財布を買い換える、習い事を始める、起業をするにもいい日です。
     また★が天祓日で天がゆるす日。☆とダブルで並ぶ日は最上の吉日。
     年に3回ぐらいしかない日ですので、ぜひ使ってみてください。