紀州名産 棕櫚ほうき 山本勝之助商店 和歌山県 モップにも勝る優れもの

 だいぶ暖かくなってきましたが、一気に冬に戻ったような寒さもありました。

  今日は晴れて洗濯日和です。

 春めいてくると掃除も楽しく感じるのは私だけでしょうか。

   今日ご紹介するのは、国産 和歌山県で職人が手作りしている 棕櫚(しゅろ)ほうきです。

  掃除機やモップにも勝る優れものです。

   贈り物にも喜ばれそうですね。

   シリーズ販売本数8000本突破の大人気の棕櫚ほうきです。

     

山本勝之助商店  7玉長柄棕櫚ほうき

   

棕櫚(しゅろ)とは??
     棕櫚は、椰子に似た南国の雰囲気のあるヤシ科の木です。
     棕櫚の毛(樹皮)はしなやかで柔らかく、強靭で、耐久性もある優れた素材です。
     棕櫚ほうきは、樹の幹の部分を包む棕櫚皮を使って作られています。
     耐水性と耐久性に優れ、棕櫚の繊維がホコリや毛など細かいゴミをくっつけるため、目に見えない小さなホコリも
     舞い上がらずに取ることができます。

    

天然素材の安心感。
    老舗の職人が作る信頼感。
    10年と付き合える棕櫚ほうき。

    コンセントを気にしない。
    いつでも、どこでも、好きな時間にお掃除を。

      

棕櫚ほうきが人気を集め続けているのには理由があります。

    棕櫚ほうきをおすすめする4つの理由

     ① 電気代0円
       ちょっとしたことですが、掃除で社会貢献。
       必要な場所を、必要な時に。
       気が付いた時にさっと取り出して掃けるほうきは、掃除への気持ちのハードルをグッと下げてくれます。
       コードが引っかかることもないし、コンセントを探す必要もない。
       時間に終われる今だからこそ、ほうきがもっと生活スタイルにあっているかもしれません。
       なにより、電気代0円!毎日の掃除が自然とエコにつながります。

     ② 静か
       静かにお掃除。夜も、赤ちゃんも、ペットがいても大丈夫。
       夜家事にもおすすめです。
       本当なら毎日掃除機をかけたいけれど、夜間の掃除機はさすがに近所迷惑だし、朝はバタバタで掃除の時間が取れない。
       忙しい人にこそおすすめしたいのがほうきでのお掃除。
       どんなに遅くても、静かにお掃除できます。
       ファミリーにはもちろんですが、夜しか時間の取れない一人暮らしの方にもほうき掃除がおすすめなんです。
       赤ちゃん、ペットがいるご家庭にもおすすめです。
       育児の合間に家事をこなすのはとても大変。
       赤ちゃんを起こさずに、お掃除ができたら一番いいですよね。
       スヤスヤ眠る赤ちゃんを見守りながら、さっとお掃除。
       排気や音を気にせず、ふんわりとしたホコリもしっかり集められますよ。
       ワンチャンやネコちゃんとも相性抜群。
       細かい毛も逃さず掃けるので、お掃除が楽にできます。
       大きな音にびっくりしてしまう心配もないので、寝ている横でもさっとお掃除ができます。

     ③ 天然素材
       天然のワックス効果でフローリングがピカピカに。
       安心・安全の天然素材。
       素材の棕櫚は樹皮そのものに「植物性油脂」を含んでいます。
       そのため、腐りにくく耐久性が非常に高いのです。
       掃くことによって、油脂が自然と床に移るので、掃き掃除だけで天然のワックスをかけているかのような効果があります。
       意外かもしれませんが、フローリングととても相性のいいほうきなのです。

     ④ ずっと使える
       10年・15年先も。
       熟練の職人が手作業で作る伝統の棕櫚ほうき。
       

      

7玉

        天然の棕櫚で作った女性でも扱いやすい手作りの長柄ほうき。

          サイズは 125センチ、重さは 0、5キログラム。
       
         7玉ほうきの玉とは、棕櫚に巻いた玉の数のことです。
        銅線を使って職人が丁寧にしっかりと編んでいます。

     棕櫚ほうきの定番でもある「7玉長柄ほうき」
     棕櫚ほうきに初めてチャレンジしたい!という方にもぜひおすすめします。
      このサイズは、小部屋から通常の広さの掃除に向いています。
      長柄ほうきは一見大きくて扱いにくそうに見えますが、両手で扱える上に腰を曲げずに掃除ができるので、
      毎日使うには最適なほうきです。