ペット専用浄水器 わんにゃん浄水器 ペットを尿結石から守る

  私も犬を飼っていたことがあります。ペットは家族同然だったので、犬を飼っていた頃にこの商品を見つけていればと思ってしまいました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】わんにゃん浄水器
価格:10584円(税込、送料無料) (2018/12/22時点)

  私は普段から温活、体質改善などに取り組んでいます。先月、とある勉強会で水の大切さを知り、塩素を除去するお水に変えてから
 体の調子も良いと感じることが多くなりました。(我が家では、浄水器とシャワーヘッドも変えました。)

  今回ご紹介する商品は、わんちゃんやねこちゃんなどのペット専用浄水器です。

  獣医師のインタビューによると、4匹に1匹が泌尿器の病気にかかると言われています。

 いつまでも大好きなペットと過ごしたいですよね。そんな方にペット専用浄水器をおすすめします。
  
  

驚きの浄化力で、塩素、サビ汚れ、カビ臭、トリハロメタン、溶解性鉛などJIS13項目を全てシャットアウトしてくれます!
  結石の原因であるミネラル(カルシウム・マグネシウム)を軽減してくれます。
  年々増加するペットの下部尿路疾患を予防するため、各ペットフード会社では、ペットフードの中の、カルシウムとマグネシウムを極力抑えた
  商品を販売していますが、水道水のカルシウムとマグネシウムなどの硬度成分は、一般的な浄水器では除去できないためペットの飲み水は全く
  の手つかずの状態です。
  そのため、このペット用浄水器では、水道水の中のカルシウム・マグネシウムを軽減する「イオン交換樹脂」を配合し、水道水を軟水化するこ
  とで、ペットの下部尿路疾患を予防することが期待されています。

  

    水道水のデメリット
    水道水には、残留塩素、トリハロメタン、溶解性鉛などの有害物質および赤サビなどの汚れが含まれており、ペットの健康のためには
   そのまま飲ませることは適していません。
    金魚などが、水道水に入れるとすぐに死んでしまうように、小さい体の犬やネコには、水道水の有害物質は影響が大きくなるため徹底的
   に除去する必要があります。

    ミネラルウォーターのデメリット
    人間用のペットボトルの水やウォーターサーバーの水は、水道水と異なり、水源、採取時間、水質、品質管理の基準や規制がありません。
   そのため過去に、カビや細菌などの異物混入が相次いでいます。日本国内で製造されたペットボトル水は沸騰殺菌が義務付けられているため
   、酸素含有量が減少し、湯冷ましのような美味しくない水になります。
    さらに、結石の原因の一つであるカルシウムやマグネシウムを大量に含む水もあるため、ペットの健康のために適していません。
    ペット専用のペットボトル水は発売されていますが、こちらも安全基準がありません。また、1リットルあたり300円以上するため、
   毎日ペットに与えることは現実的ではありません。500ミリリットルのペットボトルが主流ですが、一度に飲ませることはできず、残った
   水の保存方法も問題になります。さらにペットボトルのプラスチック臭を敏感に感じとってしまいます。

   人間用の浄水器のデメリット
    一般的な浄水器は、残留塩素、トリハロメタン、溶解性鉛などの有害物質および赤サビなどの汚れを除去できると謳っていますが、その
   性能は不十分で、ペットの健康のためには適していません。その証拠に各メーカーは、パッケージに「養魚用などに使用しないでください」
   と明記しています。
    小さい体の犬や猫には、もっと高性能な浄水機能が求められます。また、結石の原因の一つであるミネラルを軽減することはできないばか
   りか、逆に増やしてしまう機種すらあります。
    さらに、市販されている浄水器には、99% 抗菌剤として「銀」が使用されています。
   「銀」は、水に溶け出し体内に蓄積される毒物です。
    小さいペットの健康のためには絶対に避けたい物質の一つです。

   

   今まで何げなくペットに与えていた水が原因で、病気の原因を作ってペットに大きな負担をかけていたのです。
 
  飼い主である私たちがペットのために常日頃から気をつけてあげたいですね。

    

飼い主である私たちが普段飲むのに私がおすすめしたい商品はこちらです。
    毎日飲むお水は大切です。

                   ↓
                   ↓
                   ↓